日記

【スピリチャル】第二次世界大戦について調べてしまった

こんばんわ。
秋鐘です(p_-)ノ🔔

今日も無駄な記事を書きます!
時間の無駄なので忙しい人は帰って下さいね!(о´∀`о)

先日北朝鮮がミサイルを撃って日本の上空を通過して海に落ちたニュースがありました。
電車アナウンス「ミサイルの影響を確認していたため電車が遅れています」
という人生初の遅延理由を聞きましたε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

このニュースを見て真っ先に頭をよぎったことは、
海にゴミ捨ててんじゃねぇよ!!(怒)

世界情勢とかよく分かんないけど、
みんなで環境保護のために沢山お金使ってるってのに、
次から次に回収出来ないゴミを投げ込まれて本気でイラつきました

ここからがスピリチャルトーク

その日の夜の夢でクリーム色の服を着た3人の外国人の子供が出てきて、
「おい、おい、この時代にまだユダヤ人を虐めてる人がいるのか?」
と言いながら3人で遊んでる夢。
肩を叩かれてる人はきっとユダヤ人なんだろうな〜

という夢で起き、ハッキリ覚えてたのでスピリチャル大好きな秋鐘は
ユダヤ人について調べ始めてしまったのでした
全体的に明るい光に包まれたような印象だったので悪い夢では無さそうです(*´∀`*)

■ユダヤ人とは
・世界各地にいるユダヤ教の信者のことで、特定の地域や血筋を指していない。
・血筋や生まれた土地ではなく、宗教によって同民族を意識している。
・勤勉さと情報共有意識の高さから個人の能力が高い。
・民族が違う、宗教が違う、能力が高いという点でどの国からも迫害を受けてきた歴史がある。

ユダヤ人ってユダヤに住んでる人達じゃないんだね
迫害と言えば第二次世界大戦だな。
そもそも何で戦争起こったんだっけ??

■第二次世界大戦
・世界恐慌後、大国だけが生き残れる世界になってドイツは経済破綻寸前だった
・世界中がアヘンに汚染されていて酷い世界だった
・ヒトラーの政治によってドイツ経済回復
・周辺国を取り込んでドイツが巨大化していく
・イギリスとフランスでは手に負えなくなった
・ドイツが同じような境遇だった日本とイタリアと手を組んだことで世界戦争に発展していく

あれ??
ヒトラーの目的はドイツの生き残りであって、
ユダヤ人を迫害する理由が無くない??
悪者を作って民衆の意識を扇動するため??

■ユダヤ人の迫害
・前述したように、ユダヤ人はいつの時代もどの国からも迫害されていた
・世界中のユダヤ人が積極的に情報共有する民族特性を持っているので、
戦時中はスパイと同一視されて特に厳しく当たられていた(と思う)
・600万人のユダヤ人を大虐殺したのは、、、捏造っぽい
→形跡や痕跡、人口調査的にも何も出ない
→調査するだけで刑務所送り

迫害されていたのは事実だけど、
ヒトラーの人物像は教科書やTVで聞いてきたのと少し違うみたい。
むしろ悪者を作って民衆の意識を扇動したのは、、、

、、、コホン(°▽°)

ちなみにヒトラーは神やオカルト大好きだけど、
『宗教』が大嫌いだったようです。
キリストは信じるがキリスト教は信じないという感じでした。

さて、真実は謎のままですが、
教わってきた歴史が間違っているかもしれないとして、
それじゃあ子供にどう教えたら良いんだろうかと考える。

秋鐘が出した答えはこうです。

・自分が教わった教科書通りに教える

独裁政治の行く末の悲劇、戦争がもたらす悲惨、
迫害を身近な虐め問題に照らして、善悪の心を育てることが重要な気がします。
それ自体は結果として真実ですし

おまけでユダヤ教について調べたら、
・ユダヤ教 (旧約聖書)
・キリスト教 (旧約&新約聖書)
・イスラム教 (旧約&新約聖書 + 独自の経典)
3つの宗教は同一の神を崇め、同一の聖地を信じつつも宗教観の違いで仲良く出来ないらしい。

夢に出てきた3人の子供はもしかして、、、

結局夢のスピリチャル的な意味はよく分からないんだけど、
何だかいろいろ調べたり思ったりした数日間でした(*´ー`*)
落ち無い夢話にお付き合い下さってありがとうございました😊

毎日スピリチャルな夢を見たいSweet☆Home!
それでは次回もお楽しみに〜

■amazon

増補新訂版 アンネの日記 (文春文庫)

■楽天

アンネの日記増補新訂版 (文春文庫) [ アンネ・フランク ]

ABOUT ME
akikane
akikane
2016年5月に夫婦共通の趣味として共同ブログを開設。その後1男授かり子育てメインのブログとして発展してきました。 ⭐️ブログ:【Sweet☆Home】 ⭐️Twitter【Sweet☆Home-夫】【S☆H-Rui】 ⭐️YouTube:【SweetHomeチャンネル

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。