日記

【免疫細胞療法】テラが危ない!今が正念場!

こんにちは。
秋鐘🔔です٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

以前癌治療について書いたことがあります。
【免疫細胞療法】リスクの少ない優しい癌治療
そこでテラ株式会社について触れましたが、
どんどんテラ株が下がり続けてます_:(´ཀ`」 ∠):

今日は数年間テラを応援してきた素人投資家の目線で少し語らせて頂きます。
※素人意見なので株の判断材料にはしないで下さい。

■テラの特徴
樹状細胞ワクチン『バクセル』を開発した会社。
バクセルは癌の新しい治療法に使われます。
ワクチンと言ってもウィルスを身体に入れて抵抗力を獲得するものではありません。

もともと身体に備わってる、癌細胞を殺す免疫システムを患者から取り出し、
免疫細胞に標的となる癌細胞を記憶させてから再び患者の中に戻すイメージです。
もともと患者が持っている血液と免疫システムを活性化させるだけなので安全性が高いのが特徴です。

免疫細胞が癌細胞を捕食する瞬間の動画はyoutubeなどで確認できます。
免疫細胞の働きによって癌が消えること自体は既に証明されています。

■オプジーボとの関係
最近話題の癌治療薬「オプジーボ」とテラは直接関係はありません。
癌細胞は免疫細胞に成りすまして、本物の免疫細胞から逃げる能力がありますが、
オプジーボはその成りすまし能力を封じる薬です。

オプジーボとバクセルを組み合わせたらどうなるでしょう?
癌細胞はオプジーボによって姿を隠せなくなり、
バクセルによって指名手配&一斉検挙されます。
ソース:http://www.gan-info.jp/dendritic/newspickup/article05/

■バクセルの実力
最新のデータでは55人の癌患者さんのうち、5人から癌が完全消失したとのこと。
(放射線治療と併用)
ソース:https://www.tella.jp/company/release/2016/12/1400/

放射線治療と併用ということは、比較的軽い癌で放射線治療が有効だっただけという見方もできますが、
秋鐘が注目するのは、『肺ガンの完全消失1人』です。

■子宮頸癌ワクチンとの関係
子宮頸癌ワクチンは異物注入によって抗体を作るもので、
インフルエンザ予防みたいなやつです。
ソース:http://www.cczeropro.jp/kenshin/preventive/cnst.html

癌、免疫、ワクチンというキーワードから混同されそうな気がしますが、
免疫細胞療法、樹状細胞ワクチンは培養技術なので全くの別物です。

■なぜテラ株が下がっているのか
本当に素人意見で恐縮ですが、

・子宮頸癌ワクチンの副作用疑惑以来、免疫細胞療法への風当たりが厳しくなった。
(患者数減少による赤字拡大、研究の停滞)

・癌保険などの事業拡大、CMなどの広告費増加で赤字が雪だるま状態になった。
(すぐに事業縮小し、反省して癌治療に専念する方針にシフトしたのは偉い。)

・オプジーボの登場で患者が流れ、資金調達が苦しくなった。

・新株発行によってテラを支えてきた株主達から金を毟り取る最後の手段に出た。
(市場価格1株600円の時点で100株83円の新株を発行。今ココ)
ソース:http://contents.xj-storage.jp/xcontents/21910/40745de7/30e7/4090/abbc/dba4a2a4c4a1/140120161213456180.pdf

今、まさに正念場です!
良好な結果が出ている膵臓癌に対する研究に1点集中。その研究費確保のため、突然の新株発行。
株主達の信頼は大きく下がり、このままではテラが存続出来なくなるかもしれません。
それでも今、新しい癌治療が注目され始め、法改正の必要性が問われてきたタイミングで勝負を賭けました!
上手く行けば5年後、膵臓癌が治る病になるかもしれません。
その研究過程で他の癌にも有効な技術が誕生するかも。

それまでテラが存続出来れば、、、

なんか時代の転換期を感じて興奮しています。
ここまで来たらもう覚悟を決めてテラを全力で応援し続け、
ダメだった時には共に倒れようと思います。

儲かってきたら乗っかる、ヤバくなったら空売りして儲ける。
そういう投資家は賢いですが、
Sweet☆Homeは信じた株が
大変な時期にこそ応援する
本当の投資をしたいと思ってます

まぁ、庶民の全力なんて微々たるもんですがε-(´∀`; )

希望に溢れた未来が訪れますように!

■2018/11/19追記
この記事を書いてから約2年経ちますが、いろいろ大変な事が起こってました。

・上場廃止の可能性も浮上したが、株主達から集めた資金で何とか残留出来ることになった
・まだ資金が目標額に達しなかったため、再び新株発行
→流石に株主達もバカにされてる気になったか売りが加速して300円付近まで下がる
・2回めの新株発行が社長の独断で、社内規定の役員会を無視して行われたと発表
・他にも違法行為があったのでは無いかと疑われて監査が入る
→連日のストップ安で一時200円を切った
・銀行が持ち株数を調整して社長が筆頭株主から降ろされる
→更に下がるかと思ったが、実際はこの件でかなり上がった
・監査が終わり、違法行為が無かったことが証明された
・監査に掛かった巨額の費用(1.7億円)を請求され、信用的にも資金的にも大ダメージ
・台湾企業が出資してくれることになり首の皮一枚繋がる
・免疫医療の分野でノーベル賞(本庶氏)が出るが、すでに信用がボロボロなので影響は無し
・役員会の決定によって社長が変更される
・一連の事故が収束してきたが、結局は赤字が解消されない限り存続の危うさは続く (←今ココ)

厳しい道のりですが、免疫医療の分野は必ず幸せな未来に繋がると信じています。
頑張って欲しい!

ABOUT ME
akikane
akikane
2016年5月に夫婦共通の趣味として共同ブログを開設。その後1男授かり子育てメインのブログとして発展してきました。 ⭐️ブログ:【Sweet☆Home】 ⭐️Twitter【Sweet☆Home-夫】【S☆H-Rui】 ⭐️YouTube:【SweetHomeチャンネル

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。