日記

今から戸建て購入を検討する人に買ってみた感想を伝えようか

こんばんは。秋鐘です( ^∀^)ノ🔔

会社で「戸建てを買おうか悩んでる」という人がいたので、
今日は参考までに戸建てを買ってみた感想などを書いてみようと思います。

■予算について
最初に不動産屋さんに相談した時、
頭金0円で考えていたので、
全額ローン返済で「貴方の年収だと上限*000万円以内で探さなければならない」と忠告されました
せっかく苦労して見つけた物件があっても銀行のローン審査が通らなければ全て無駄になってしまいます。
審査を通過出来る = 支払い切れる金額の上限が*000万円。

最初に絶対条件が設定されたことでかなり物件探しが楽になったような気がします

■土地
最初は町並みなどあまり気にしていませんでしたが、
実際に歩いてみて町並みがボロくて陰鬱な感じがするエリアは、
防犯の観点から回避することにしました。
(最近その付近で連続殺人事件のニュースが流れてヒヤッとしたので、
回避して良かったと思っています)

途中から物件自体よりも町並みの方が重要という方針に切り替えて、
いろいろな駅を実際に散歩してみて星川〜天王町付近が気に入りました。
住んでみたらご近所がみんな良い人達ばかりで大正解でした

古い家でも綺麗に保ってて、庭が手入れされてたり、
道路にゴミや落ち葉が落ちてない地域は安心出来るポイントだと思います

■駅からの距離
琉偉さんの絶対譲れなかった条件が、『駅から平坦な道』
逆に平坦な道であれば徒歩20分は余裕と言ってました。

妊婦の時期や、大雪の日なんかに平坦な道の有り難みをヒシヒシ感じました

■庭
お隣との距離が欲しいという意味で庭付きを希望していましたが、
今はこの条件は不要だと思っています。

庭の管理が大変過ぎて、せっかくの休日がほとんど庭の掃除だけで終わってしまいます
ベランダや玄関にプランターが置ければ十分で、
近くによく整備された公園があれば庭が無くても満足出来ます

ただ、隣家との距離はある程度離れていた方が気持ちが良いことは確かです

■家
上記の条件が満たせれば新築か中古かは問わないと考えていましたが、
歩いて床がきしむ物件はNGにしました
基礎部分にかなりのダメージがあるという事なので修繕費が危険です。

家の広さは広いに越したことは無いのですが、
コンパクトな家の場合はメンテし易いメリットがあります。
外壁や屋根の修繕費なんかもコストが安く済みます

■自己資金0円でも本当に買えるのか
「全ての金額を住宅ローンとして借りてしまえば、月々の返済だけ考えれば良いことになる」
というのが自己資金0円の考え方ですが、

実際には住宅ローンが成立する前に大金が必要になります。

手付金 (購入額の一部を前払いする。後日ローンで戻って来る。)
登記料
火災保険料
印紙税
引越し代
などで250万円程度は現金払いしたと思います。(記憶が曖昧ですが)
特に手付金は契約書にサインした瞬間、
「明日現金200万円持って来て下さい」とか涼しい顔で言われるので驚愕しました

売主から直に買ったので仲介手数料は掛かりませんでしたが、
仲介手数料が掛かる方が一般的なので、即金で用意出来るお金が500万円は無いと厳しいです。

自己資金0円では家は買えません。

■購入か賃貸か
これはコスト面やリスクで考えるとどっちも同じという結論です。
ただし、戸建て賃貸となると物件数がほとんど無く、
物件紹介があっても条件が良い所は速攻埋まってしまうので賃貸は諦めました。

半年くらい探し続けて、戸建て自体諦めかけた頃に今の物件に巡り会えました

■物件価格
今が不動産バブルのMAX期で、2020年の東京オリンピック終了と同時にバブルが弾けるんだとか。
数年前に金が連日最高値を更新し続けた時期を思い出します。
最後は日本人がプレッシャーに耐えられなくなって次々と金のアクセサリーを売りに走り、
その後しばらくして金が暴落しましたが、数年で平均値まで回復しました。
(2011年から金を月3000円積み立ててますが、今は微妙に+です)

北がミサイルを撃つ度に日本株価が暴落していたけど、
3回目くらいから皆んな全く動じなくなりました。
オオカミ少年のようです。

2020年に不動産が暴落するなら2025年くらいに最安値を狙って、
今から長期的戦略で土地に目星を付けたり不動産の勉強をしつつ、
頭金を貯蓄し始めるのが良いのでは無いかと思います。
7年後には建築技術もデザインの流行も画期的に改良されているかも。

少子化だけはずっと回復しないので、その点は気になります。

今日も素人のつぶやきでしたが、
誰かのの何かの参考になれば嬉しいです

毎日庶民的な視点で経済活性化を願い続けるSweet☆Home!
それでは次回もお楽しみに〜

ABOUT ME
akikane
akikane
2016年5月に夫婦共通の趣味として共同ブログを開設。その後1男授かり子育てメインのブログとして発展してきました。 ⭐️ブログ:【Sweet☆Home】 ⭐️Twitter【Sweet☆Home-夫】【S☆H-Rui】 ⭐️YouTube:【SweetHomeチャンネル

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。