寒川神社を中心に叢雲が湧き起こり氷が降り注いだ日

こんにちは。秋鐘です( ^∀^)ノ🔔

GWの出来事をメモする第4段!

令和元年5月4日。 午前中は予報通り快晴でしたが、午後2時頃に突如叢雲が湧き起こり、激しい雷と氷が降り注ぐ異常な天気となりました。

関東全域で猛威を奮った異常現象でしたが、実は神奈川だけはそれほど被害が無く、ニュースを見てびっくりしましたヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

ニュースでは神奈川を中心に突如叢雲が湧き起こったかのようにアメダスの映像が流されたので、あたかも寒川様が雲を生み出したかのように思えてしまったのです。(ニュースで「叢雲」という言葉が使われていた)

後でアメダスを確認したら、太平洋で湧き起こって寒川神社の上空に呼び寄せられ、また太平洋に戻っていくという不思議な動きをしていました。

この日は一般参賀で盛大に盛り上がっていましたが、かなり厳重な警備体制でテロを警戒していたようです。ひょっとすると寒川様が未然にテロを防いでくれたのかもしれませんね☆

あるいは八百万の神様達が一般参賀を見に来た結果、影響力が強すぎてえらいことになってしまい、慌てて解散したというのが真相だったりして(笑)

何にせよ、普通ではない出来事だったのでメモを残しておく事にしました(^_^)

ちはみに三種の神器の一つ、天叢雲剣ですが、

「スサノオがヤマタノオロチを退治した時に尻尾の辺りで自分の剣が欠けてしまい、何か硬いものがあると確かめてみると尻尾から鋭い剣が出てきた。オロチの頭上には常に叢雲があったことからアマノムラクモノツルギと名付けた」 というエピソードが有名です。

ところが古文書ホツマツタエでは

「蝕霊(はは)か穢放(をさ)きに 剣(つるき)あり ハハムラクモの 名(な)にし負(あ)ふ」

と書かれていて訳すと、

「怨念でオロチと化した者の霊を斬り、穢れを払ったこの剣をハハムラクモと名付けよう」 という物語だったのです。(穢れ(ハハ)を吹き飛ばす(ムラクモ)剣)

古事記などでは「刃欠け尾先に剣あり」と訳してしまったんですね(・∀・)残念!

※参考 : ホツマツタエ・ミカサフミ現代語訳
(http://woshitebunken.blogspot.com/2016/05/blog-post_678.html?m=1)

ついでに、天叢雲剣は源平合戦で海に消えてしまうんですが、海から湧き起こった叢雲が日本に上陸し、また海に帰っていくというのもロマンチックだと思いました(^ω^)

毎日令和の繁栄を願い続けるSweet☆Home!
それでは次回もお楽しみに〜🐥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です