見せたい背中

こんにちは。秋鐘です(^∇^)ノ🔔

子は親の背中を見て育つと言いますし、
自分も口より行動(経験)で気付かせてあげたいと思っています。
今日はそんな親の背中にまつわるエピソードです。

先日、知人とお酒を呑んでいた時の話。

〜〜〜〜〜回想シーン〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

知人「若い頃は上司に
『こんな事で怒られてて恥ずかしくないの!?
子供に今の情けない姿見せられる!?
よく考えろよ!』

って罵倒されてたんだけどね。

秋鐘「あぁよく悩んでたよね。でも石の上にも5年いたら環境が変わってきたって言ってたよね??

知人「そんな事言ったかな〜?何も変わって無くて最近もまだ似たような事言われるんだよ

秋鐘「そんなの無視でいいじゃん。仕事上の立場が違うだけで人間の器を測ったらこっちの方が格上なんだからw

知人「う〜ん。そんなに簡単に受け流せないよ。秋鐘と違って仕事にやり甲斐感じられないし

秋鐘「そうなんだね〜。自分は精神的子供に何言われても気にしないけどな〜

知人「昔は凄く嫌だったんだよね。だけど最近は考え方が変わってきててね、
『むしろ子供達にこんな情けない姿を見てほしい。
お父さんはこんな仕打ちを受けながらも家族を守るために一生懸命頑張ってるんだぞって。
子供達がどう感じるかは分からないけど、何かしら成長するための糧になるんじゃないかって。
隠しても良いことは何も無いので、せめてありのままを直視して欲しい。』

って言い返しちゃったんだよね。言い返したっていうか、本当にそう思うんだよ。」

秋鐘「、、、何か凄いねw

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

部下の前で叱責して貶めるなど精神的に追い詰めて従わせるやり方はパワハラの代表例です。
尚且つ仕事の内容と全く関係無い子供をダシに使うなど言語道断!

もう一回人生やり直してこい!と怒鳴りたい所ですが、
捉え方を変えれば魂を成長させるために必要な苦行なのかもしれません。

もっと都合良く捉えると、
秋鐘に悟りを開かせるために知人が存在し、
秋鐘の代わりに試練を背負ってきたような気さえしてきます。
今は子供達に届かないかもしれないけど秋鐘には届きましたよ

そんなわけで、Sweet☆Home読者の皆様も都合良く捉えて、
このエピソードが何かしら成長の糧になってくれたら良いなと思います

毎日悟りに近づき続けるSweet☆Home!
それでは次回もお楽しみに〜

■楽天

お坊さんが教える「悟り」入門 [ 長谷川俊道 ]

■amazon

悟りハンドブック: <私>を思い出すこと、それが悟りです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です