日記

ドアホンが壊れたので自分で交換した

こんにちは。秋鐘です(o^^o)ノ🔔

チャイムが小さくて聞こえ辛いと思っていたドアホンがついに壊れてしまいました😢今日はドアホン交換の記録です。

交換前のドアホン

我が家のドアホンはTVが付いていない古いタイプのものです😅

築8年の中古戸建てを購入してから6年が経ち、14年も経てば壊れても仕方ありません。

状態は以下の通り

  • 外のボタンを押してもチャイムが鳴らない
  • 中の受話器を取ると外の音が聞こえる
  • 電池式無線タイプでは無いので電池切れでは無い

外の子機を外すとこのようになってます。

外の子機には電池も電源もありませんでした😳

ボタンを押すと回路が繋がり通電して親機のチャイムが作動する

という作りなんですね(たぶん)😅

という事は、「子機は通電出来れば何でも良いんじゃない?」という仮説✨

ドアホンをホームセンターで購入

ドアホン壊れてたらネット注文しても受け取れないじゃん💦ってことでホームセンターに買いに行きました。

インターフォンとドアホンの違いですが、ちょっと調べた所インターフォンは商品名が一般化したもので、どちらも同じだそうです。家電売り場では『ドアホン』として販売されています。

ホームセンター最安値の2000円程で電池式ドアホンを買いました。

子機を交換

早速交換🔧と言っても外の子機の線を繋ぐだけです😄

親機の方は壊れて無いのでちゃんとチャイムが鳴って通話出来ました😍

ちなみに最初は線を逆に繋いでしまいました💦ピーーー!という煩いノイズが入りますが一応通話は出来ました。逆につなぎ変えたらクリアな音声になりました✨

交換後は引っ越してきた時よりもチャイムがよく聴こえるようになった気がします👍

不用な親機は子供のおもちゃに

子機の交換だけで済んでしまったので、不用な親機は交換しませんでしたが、ゴミにするのも気が引けたので2歳の息子のおもちゃにしました😅

five little monkeys 遊びが捗りますw

息子👶
「Momma called the doctor and the doctor said…」

パパ👨
「Hello? No more monkeys jumping on the bed!」

まとめ

ドアホンは経年劣化でチャイムの音が小さくなってきて、いつか鳴らなくなる

TV付きじゃない場合は子機に電源不用(TV付きの場合は不明)

親機も子機も線を繋ぎ直すだけの簡単工事👷‍♂️

ちなみに通販なら子機だけの販売もあるようです👍

毎日戸建てのトラブルに強くなるSweet☆Home!

それでは次回もお楽しみに〜🤗

ABOUT ME
akikane
akikane
2016年5月に夫婦共通の趣味として共同ブログを開設。その後1男授かり子育てメインのブログとして発展してきました。 ⭐️ブログ:【Sweet☆Home】 ⭐️Twitter【Sweet☆Home-夫】【S☆H-Rui】 ⭐️YouTube:【SweetHomeチャンネル

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。