日記

ワインエアレーターでデキャンタージュ

こんばんわ。秋鐘です

今日は新婚生活を始めたばかりの頃に買った『ワインエアレーター』のお話しを書こうと思います。

ワインエアレーターとは、ワインに空気を含ませて
「ワインが開いている状態」にするマジックアイテムです。

デキャンタージュ1.jpg

琉偉さんが大好きなGACKTが格付け番組でワインを飲んだ時に「開いてるね…」と言うのが面白くて調べてみました。

古いワインは長い年月樽の中で空気に触れずに「眠ってる状態」で、栓を開けたばかりのワインも眠ったまま。
それを「ワインが閉じている」と表現するらしいです。

ワインさんを起こしてあげるには長時間空気に触れさせる必要があるんだけど、
デキャンタという器に移しかえることでより多く空気に触れさせることができます。
デキャンタに移しかえることをデキャンタージュというそうです。

こうしてワインさんが目覚めて本来の風味が戻った状態を「ワインが開いている」と表現するそうです。

で、そのデキャンタージュする時にもただ移しかえるだけじゃなくて、
なるべく空気を含ませるように移しかえるプロの技があるらしいのですが、
それを素人でも簡単に再現できるのが『ワインエアレーター』という道具なわけです。

前置きがだいぶ長くなりました。
こちらが使った時の画像です。
ジュゴーーーボボボボボボ!!と凄い音が鳴って大量の空気が混ざって出てきます。
デキャンタージュ2.jpg

期待して飲んでみると・・・!?

秋鐘「よくわからんな
琉偉「よくわかんないね

という感想・・・

その後、エアレーターを通さない場合と、通した場合を用意して交互に飲んでみました。

秋鐘「全然違う!!!!!なんだこれ!!!」
琉偉「全然違う!開いた!!!」

と叫んでしまうほど違いがはっきり出ました
ワインを飲みなれてなかったから最初は良し悪しがわからなかったわけです。
(あと、エアレーター通した後に少し時間が置かれたのもある)

具体的には、閉じてるワインは渋みが強くて硬くてアルコールが強く感じたんだけど、
開いたワインはまろやかな口当たりで柔らかくて香りが口いっぱいに広がって飲みやすくなりました。
少し甘さも出たような気がします。

買った当時は、
「食卓をとことん楽しめる家庭が良いね!」
「日々の500円のワインが1000円のワインに変わるんだったら安い買い物!」
なんて言いながらキャッキャしてた気がします
今でもデキャンタージュは楽しい瞬間です

それでは今日はこの辺でおしまいにします。
次回もお楽しみに

■2016/06/28追記
閉じてるワインは樽の臭いがきつくて、その奥の方にほんのりベリーが眠ってる感じ。
開いてるワインは樽の臭いが全くなくなって、全面にベリーのフルーティな香りが咲き誇ってる感じです。


ワインエアレーター赤 【あす楽】【楽ギフ_包装】

ABOUT ME
akikane
akikane
2016年5月に夫婦共通の趣味として共同ブログを開設。その後1男授かり子育てメインのブログとして発展してきました。 ⭐️ブログ:【Sweet☆Home】 ⭐️Twitter【Sweet☆Home-夫】【S☆H-Rui】 ⭐️YouTube:【SweetHomeチャンネル

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。